掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

“雪舟再来”と注目される「七類堂天谿 道釈画展」
6/25(土)〜7/24(日)人形の山川にて開催

540年の時を経て“雪舟再来”と、日本のみならず、中国の高僧からも注目される日本人道釈画家・七類堂天谿。尾道千光寺の襖絵、京都建仁寺両足院の襖絵92面を制作するほか、スペイン国立プラド美術館に作品が永久収蔵されるなど、水墨画のひとつである「道釈画」の文化芸術性を国内外に発信し続けている。
今回「人形の山川」では、その襲名以前の、七類堂墨呑の名で活躍していた、若くして一番力の入った大胆かつ繊細な時代の作品、約40点を展示する特別企画展を開催。長野で鑑賞できる貴重な機会をお見逃しなく。
■期間…6月25日(土)〜7月24日(日) 鑑賞無料
※同時開催 盆提灯展示会