【支援】
長野駅前〜権堂の飲食店、約30店で「復興支援アップルカクテル」
被災地農家のりんごジュース使用、店ごとの個性が光るオリジナルの1杯

南千歳町公園隣りの「BASE.」では、りんごジュースにバーボンとソーダをあわせた「信州アップルハイボール(650円+税)」を提供

長野市街地の飲食店有志らを中心に、台風19号被災地支援を行っている「ALL NAGANO PROJECT」。被災地への炊き出し、グッズ販売や音楽イベントによるチャリティー活動など、災害当初から支援を続けている。
12月下旬から新企画として、約30店の飲食店が「復興支援アップルカクテル」を提供中だ。被災地農家から仕入れたりんごジュースを使って、参加店それぞれが個性を活かした、オリジナルカクテルを販売。灯明まつり最終日2月11日(火・祝)までの期間限定、各店を巡って様々なアップルカクテルを味わおう。参加店舗は公式fbにて確認を。
今後も、りんごスイーツの販売など、長野の街から身近な被災地を応援する企画を計画中だ。

南千歳町「BAR ISLE」の「アップルマティーニ」。ほか「りんごのソルティドッグ」もあり