掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

川中島古戦場デジタルスタンプラリー

川中島古戦場の謎解きポイントを巡るデジタルスタンプラリー。クイズに正解してポイントをためると、景品がもらえる。詳細は、ホームページ等で確認を。

長野市芸術館開館5周年記念事業「復興NAGANO!音楽祭」

長野のまちと、市民の真の復興を目指して、音楽の力で地域とそこで暮らす人たちに元気と明日への活力を与える音楽フェスティバル。出演は坂本冬美、平原綾香、南こうせつ。企画監修は富澤一誠(音楽評論家/須坂市出身)、ゲストは長野市芸術館ジュニア合唱団。
  • 11月21日(日)13:15開場 14:00開演
  • 長野市芸術館メインホール
  • 全席指定 7000円(当日券7500円) 未就学児入場不可
  • 8月7日(土)一般発売
  • 長野市芸術館チケットセンター
  • 026-219-3191(10:00〜19:00、火曜休)
  • https://www.nagano-arts.or.jp/stages/5thanniv-fukkonaganomf/

Café Latino @Rosebery

題して「キューバコーヒー&キューバサンドとBGMを楽しむ日」。どちらか、または両方(それ以上)を必ずオーダー。新旧キューバ曲、南米・ニューヨークサルサが流れる店内で、ラテンまみれになる1日。キューバ産コーヒーを丁寧にハンドドリップ。香りと味のバランスの良さは癖になる。また、特別復活メニュー「キューバサンド」は、今や国内でもレアな一品というから、見逃せない。詳しくは会場のHPで。
※出演/佐々木元気(sax)、meg(ピアノ)、DJ Oshow(DJ)、吉田淳一(DJ)、LINDA(DJ)。 ※生演奏あり
  • 11月21日(日) 11:00〜16:00(10:30 開場)
  • ロズベリーカフェ 3F(長野市鶴賀2194-12)
  • 入場無料(飲食物のオーダー必要)
  • ロズベリーカフェ
  • 026-266-0190
  • https://roseberycafe.com/

劇団MA2 第5回定期公演 「夜明けの、仲間たち」

“MA2”(マッツ)は、長野市を中心に活動する劇団。愛してくれる人には愛され、やたら長い芸歴。お客様に近い、狭くて小さな舞台こそ命。さて、今回の公演、題して「夜明けの、仲間たち」。ヘッドライトが歌い、歌謡曲が走る…かどうかはともかく、運送業界の闇と光を堂々と描く。一番星は光るのか。急転、ラストの大仕掛けは“MA2”のお約束。広くもない小屋、どうするつもりか。それも、お楽しみ。
作・演出/三輪はじめ 出演/大虎鉄、カスミ(新人)、三輪はじめ
 ※マスク着用。手指の消毒などあり。換気頻繁、防寒対策を。
  • 11月21日(日)16:00開演・22日(月) 17:00開演・23日(火・祝)16:00開演 ※開場は30分前
  • 学習塾「かなえプラス」(長野市川中島町上氷鉋1357)駐車場あり ※問い合わせ要
  • 一般2,000円 高校生 1,000円 小中学生 500円 各回限定25席
  • 劇団MA2(マッツ)
  • 090-4464-7517(三輪)
  • mex231@gmail.com
  • http://omakenclassic.naganoblog.jp/

没後110周年記念 菱田春草と画壇の挑戦者たち ―大観、観山、その後の日本画

菱田春草《岸樹秋風之圖》1910年頃

没後110周年となる菱田春草(1874-1911)。水野美術館はじめ、長野県立美術館や飯田市美術博物館ほか、県内で収蔵する春草作品46点が一堂に集結する。102年ぶりに公開される横山大観・菱田春草《観音・達磨》(新収蔵作品)など、前後期あわせ76点を展覧。
  • 10月9日(土) 〜12月12日(日)
    9:30〜17:30 ※11月より17:00まで(最終入館各30分前)
    月曜休
  • 水野美術館
  • 一般1000円 中高校生600円 小学生300円
    土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://www.mizuno-museum.jp/

長野県立歴史館 秋季企画展「全盛期の縄文土器-圧倒する褶曲文-」

褶曲籠目文深鉢【長野県宝】(茅野市棚畑遺跡)
茅野市尖石縄文考古館蔵・写真提供

縄文土器の装飾が複雑化し「全盛期」を迎えた縄文時代中期。地域による特色が生まれた背景を、人びとの交流という視点から読み解く。主な展示品は、火焔型土器【国宝】(十日町市博物館蔵)、褶曲籠目文深鉢【長野県宝】(茅野市尖石縄文考古館蔵) ほか。
  • 9月18日(土)〜11月23日(火・祝)
    9:00〜17:00(入館16:30まで)、月曜休(祝日は開館、翌日は振替休)
  • 長野県立歴史館  企画展示室(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園内)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円 
    企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 長野県立歴史館 総合情報課
  • 026-274-3991
  • https://www.npmh.net/
  • 戸隠そば祭り 半ざる食べ歩き
  • 半ざる食べ歩き/11月2日(火)〜24日(水)の平日のみ実施(土日祝は半ざる提供なし)
  • 戸隠地区内の協力そば店
  • チケットブック「蕎麦ごよみ」半ざる券4枚セット2300円 戸隠エリアの参加そば店(24店舗)と戸隠観光情報センターにて期間中に数量限定販売
  • チケットブック「蕎麦ごよみ」は、半ざる券4枚セット2300円で、参加24店舗と戸隠観光情報センターにて期間中に数量限定販売。感染予防対策で混雑を避けるため、今回は平日のみ利用可能(土日祝は半ざる提供なし)。
  • 戸隠そばまつり実行委員会(長野市商工会戸隠支所)
  • 026-254-2541
  • AC長野パルセイロ vs. アスルクラロ沼津
  • 11月21日(日) 14:00キックオフ
  • 長野Uスタジアム(南長野運動公園)
  • メインスタンド自由席/一般前売2600円(当日3100円)  小中学生前売1100円(当日1600円)、 ホーム自由席/一般前売2100円(当日2600円)  小中学生前売600円(当日1100円)詳細は公式HP参照
  • 新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに則って運営される。事前に公式HPでの試合情報を確認して来場を。
  • AC長野パルセイロ事務局(月・日曜、祝日休)
  • 026-244-7780
  • 長野市芸術館開館5周年記念事業「復興NAGANO!音楽祭」
  • 11月21日(日) 13:15開場 14:00開演
  • 長野市芸術館メインホール
  • 全席指定 7000円(当日券7500円) 未就学児入場不可
  • 出演は坂本冬美、平原綾香、南こうせつ。企画監修は富澤一誠(音楽評論家/須坂市出身)、ゲストは長野市芸術館ジュニア合唱団。
  • 発売中
  • 長野市芸術館チケットセンター
  • 026-219-3191(10:00〜19:00、火曜休)
  • 「現代パステル協会選抜展-パステル画の今いま」
  • 〜2022年1月16日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、祝日の翌日休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 特別展「市立長野高校 美術部の軌跡 II」
  • 〜2022年1月16日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、祝日の翌日休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 市立長野高校美術部による展覧会。全国高等学校総合文化祭や現代パステル協会展など、活躍の場を全国へ広げた生徒たちの作品を紹介。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 2021北野美術館コレクション展?「故事・歴史を旅する 異邦を旅する」
  • 10月1日(金)〜2022年1月30日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休(1/10は開館、1/11は振替休)・年末年始(12/29〜1/3)休
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 日本や中国の故事・歴史を題材とした作品や、画家たちが海外へと赴き、取材して描いた作品をセレクト。
    ■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • 東山魁夷館 コレクション展 第Ⅳ期
  • 10月7日(木)〜 12月7日(火) 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 水曜休
  • 長野県立美術館 東山魁夷館(長野市城山公園内)
  • 一般700円 大学生及び75歳以上500円(本館コレクション展も入場可能)
  • 東京美術学校時代に制作した《柿生の里》や《山谿秋色》の初期作品と、本制作の《夕紅》や《紅翳》、《紅葉の谷》など秋色の風景を象徴的に描いた作品を展観。
  • 長野県立美術館 東山魁夷館
  • 026-232-0052
  • 郷土ゆかりの作家展『月の都 千曲』 第三章 〜今に生きる月見の地 古から未来へとつなぐ美しきふるさと〜
  • 10月30日(土)〜2022年1月30日(日) 9:00〜17:00(入館は〜16:30まで)月曜休(祝日は開館)、祝日の翌日
  • 千曲市アートまちかど(千曲市屋代2176-2)
  • 一般300円、高校生150円、中学生以下無料
  • 第一章「月の情景作品」、第二章「月に関わる信仰」、そして第三章は「今に生きる月見の地」をテーマに月の駅 姨捨や戸倉上山田温泉の情景作品を中心に展観する。
  • 千曲市アートまちかど
  • 026-272-4152
  • 長野県立歴史館 秋季企画展「全盛期の縄文土器-圧倒する褶曲文-」
  • 〜11月23日(火・祝) 9:00〜17:00(入館16:30まで)、月曜休(祝日は開館、翌日は振替休)
  • 長野県立歴史館  企画展示室(千曲市屋代260-6 科野の里歴史公園内)
  • 企画展・常設展共通券/一般500円 大学生250円、企画展・常設展いずれかのみ/一般300円 大学生150円 高校生以下無料
  • 縄文土器が全盛期を迎えた縄文中期、地域による特色が生まれた背景を人びとの交流から読み解く。国宝や長野県宝を含めて展示。
  • 長野県立歴史館 総合情報課
  • 026-274-3991
  • 長野市立博物館 特別展「信州ゆかりの作仏聖 弾誓派から円空・木喰へ」
  • 10月2日(土)〜11月28日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで)月曜休
  • 長野市立博物館
  • 入館料 一般300円 高校生150円 小中学生100円 土曜は小中学生無料 11/3(水)は無料
  • 江戸時代、木食上人弾誓を祖とする弾誓派は、大勢に念仏を勧め多数の仏像を作った作仏聖の一派。 長野市内では虫倉山を拠点に、後継者は県内のいくつもの寺の中興開基となった。江戸時代の信州における作仏聖たちに焦点を当て紹介。
  • 長野市立博物館
  • 026-284-9011

イベントトップへ戻る