掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

2022年 善光寺びんずる市

写真は2021年11月13日の様子

10周年を迎える今シーズン。クラフトやハンドメイド、旬の農産物、飲食テイクアウトなど「手づくり」をキーワードに100ブース程が並ぶ予定。善光寺御開帳開催期間中の4〜6月の第2・4土曜に城山公園・長野県立美術館3Fで開催(ただし4月23日(土)は権堂で開催)。
  • 5月28日(土)、6月11日(土)・25日(土)
    ※4〜6月は第2・4土曜の月2回開催
    10:00〜16:00
  • 城山公園・長野県立美術館3F
  • 善光寺びんずる市事務局(土日祝除く10:00〜17:00)
  • 026-219-2401
  • http://binzuru-ichi.com/

長野市地域おこし協力隊 門前市

長野市で活動中の地域おこし協力隊が、地元の農産品や加工品を販売。新たに開発した地域ブランドや地場産品、昔から地域に伝わる特産品など、中山間地域が持つ魅力を、地元だけでなく観光客の皆さんにも発信する。

朝採り野菜がお買い得! 寅や市

いま何かと話題、千曲市上山田温泉のゲストハウス「昭和の寅や」。毎月第1・第3日曜日は「寅や市」を開催! 敷地内ガレージ広場に、地元千曲市産の朝採り野菜や地場産品が並ぶ。世の中、何かと物価高。食べることは全ての根源。地元農家の品物だから、新鮮・安心・安全。口は悪いが、義理と人情を大切にする女将が、生産者とともに来場を待っている。
※マスク着用、エコバッグ持参で来場を
  • 6月5日(日)・19日(日)9:00〜11:00
  • おせっかいハウス「昭和の寅や」 (千曲市上山田温泉2-24-6)
    ※駐車場あり(6台)。満車の場合は千曲市総合観光会館の駐車場へ
  • 入場無料(物販は実費)
  • おせっかいハウス「昭和の寅や」
  • 080-1154-6876(清水)
  • https://toraya.love/

〜善光寺御開帳2022〜日本一の門前町大縁日 表参道芸術音楽祭

善光寺御開帳期間中の土日祝日に開催(除外日あり)。長野市を中心に活動する個人や団体が、音楽・ダンス・舞踊・伝統芸能など様々なジャンルから参加し、ステージで各30分程のパフォーマンスを行う。出演者やスケジュール等は長野市HPにて確認。
  • 4月2日(土)〜6月26日(日)の土・日曜、祝日(5/14・15、6/4・5・11・12を除く)10:00〜16:00
  • セントラルスクゥエア(長野市問御所町) ・善光寺表参道
  • 長野市文化芸術課
  • 026-224-7504
  • https://www.city.nagano.nagano.jp/site/daiennichi/

城山動物園「ミニミニえこうばしら」で動物たちとつながろう!!

カリフォルニアアシカのシュン

「ミニミニえこうばしら」を使って動物たちへの餌やり体験をする、土日祝日のみの人数限定イベント。参加すると城山動物園謹製「ミニミニえこうばしら」えんぴつ進呈。整理券配布など詳細は公式HPにて。善光寺山門の「鳩字の額」にちなみ「ミニミニはと展」も開催中。
  • 実施日/〜6月26日(日)までの土日祝およびGW期間中毎日(4/29〜5/8)
    13:00から対象動物舎にて(当日9:00より受付開始、整理券を配布。先着20名) ※詳細は公式サイトで確認
  • 長野市城山動物園
  • イベント参加費1回300円 入園無料
  • 長野市城山動物園
  • 026-233-0586
  • http://www.johyama.com/

4 月~9 月開催
北陸新幹線飯山駅発バスツアー「おさんぽバス」

4/16(土)発 Aコース「妙高斐太(ひだ)歴史の里 カタクリハイキングと関山神社」イメージ

毎年好評! 「信越自然郷」の大自然をめぐる日帰りバスツアー。現地スタッフが添乗員として同行し、昼食は地元で評判の名店や地元食材を使った手作り弁当を用意。信越自然郷の魅力を手軽に楽しもう! 信越自然郷の大自然を満喫できる全8コース。詳細はHPを参照。
  • 4月23日(土)、5月7日(土)、6月11日(土)・25日(土)、7月16日(土)、8月6日(土)、9月3日(土)
  • 申込み・問い合わせ:信越自然郷ホームページまたは飯山駅観光案内所へ電話予約 予約URL https://shinetsu-shizenkyo.com/archives/761
  • 飯山駅観光案内所
  • 0269-62-7000
  • https://shinetsu-shizenkyo.com/

善光寺御開帳記念 善光寺さんと高村光雲展

イメージ:高村光雲/米原雲海ほか《善光寺 仁王像 阿形》(東京藝術大学の調査より)

善光寺御開帳に合わせた記念企画展。米原雲海とともに善光寺の仁王像を手がけた近代彫刻家・高村光雲。その高村光雲の考察から始まった、東京藝術大学による善光寺の仏像の保存修復に関わる研究について、様々な角度から紹介する。
  • 4月2日(土)〜6月26日(日)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、
    水曜休館(5/4は開館、翌々日の5/6は休館)
  • 長野県立美術館 展示室1
  • 一般・大学生500円 高校生以下または18歳未満無料
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/

マン・レイと女性たち

20世紀を代表する芸術家の一人、マン・レイ。本展では、マン・レイが生涯を通じて出会った女性たちに焦点をあて、写真を中心に、250点を超える選りすぐりの作品を紹介する。
  • 4月21日(木)〜6月19日(日)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、
    水曜休館(5/4は開館、翌々日の5/6は休館)
  • 長野県立美術館 展示室2・3
  • 一般1500円 大学生及び75歳以上1300円 高校生以下または18歳未満無料
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/

NAMコレクション展 I期

藤島武二《春(杏花咲く村)》1935(昭和10)年頃

第I期は、藤島武二や金山平三、伊東深水ら画壇の大家による、春の信州を描いた風景画を一堂に展示。信州に留まらず、5人の洋画家たちによるフランスの風景画も展示する。また信州は、希代の日本画家を多く輩出したことでも知られる。菱田春草から中島千波まで、新旧の日本画家たちの共演は見どころの一つ。さらに企画展「マン・レイと女性たち」に合わせ、写真作品の特集展示も行う。
  • 3月17日(木)〜5月17日(火)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、
    水曜休館(5/4は開館、翌々日の5/6は休館)
  • 長野県立美術館 2F コレクション展示室
  • 本館・東山魁夷館共通 一般700円 大学生及び75歳以上500円 高校生以下または18歳未満無料
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/

長野市立博物館 特別展「御開帳 めくるめく ミル ミラレル ミセル」

生き人形「道成寺」(吉徳資料室蔵)

「見て楽しむ」文化に着目し、江戸時代以降に盛んになった様々な見世物・祭礼・博覧会を紹介。御開帳とのつながりを追う。また同時に、川中島古戦場に立地する長野市立博物館に、「川中島の戦い 展示室」がオープン! 迫力ある映像や武具を展示し、川中島の戦いの虚構と実像に迫る。
  • 4月23日(土)〜6月29日(水)9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(5/2は開館)
  • 長野市立博物館(長野市小島田町 川中島古戦場史跡公園内)
  • 入館料 一般300円 高校生150円 小中学生100円 5/5と土曜は小中学生無料
  • 長野市立博物館
  • 026-284-9011
  • https://www.city.nagano.nagano.jp/museum/
  • 須坂アートパーク 信州須坂 三十段飾り千体の雛祭り
  • 〜6月28日(火) 4月20日〜「五月人形菖蒲の節句」同時開催 9:00〜17:00(入館時間は16:30まで)、無休4/18(月)・19(火)は展示替え休館、5/11(水)以降水曜休館 
  • 須坂アートパーク(世界の民俗人形博物館、須坂版画美術館・歴史的建物園)
  • 共通券500円 中学生以下無料
  • 圧巻の30段の雛飾りほか様々なお雛さまを展示、須坂アートパーク全体で約6000体のお雛様が飾られる。
  • 世界の民俗人形博物館
  • 026-245-2340
  • 〜善光寺御開帳2022〜日本一の門前町大縁日 表参道芸術音楽祭
  • 4月2日(土)〜6月26日(日)の土・日曜、祝日(5/14・15、6/4・5・11・12を除く)10:00〜16:00
  • セントラルスクゥエア(長野市問御所町) ・善光寺表参道
  • 善光寺御開帳期間中の土日祝日に開催(除外日あり)。長野市を中心に活動する個人や団体が、音楽・ダンス・舞踊・伝統芸能など様々なジャンルから参加し、ステージで各30分程のパフォーマンスを行う。出演者やスケジュール等は長野市HPにて確認。
  • 長野市文化芸術課
  • 026-224-7504
  • 4 月~9 月開催
    北陸新幹線飯山駅発バスツアー「おさんぽバス」
  • 4月16日(土)・23日(土)、5月7日(土)、6月11日(土)・25日(土)、7月16日(土)、8月6日(土)、9月3日(土)
  • 毎年好評! 「信越自然郷」の大自然をめぐる日帰りバスツアー。現地スタッフが添乗員として同行し、昼食は地元で評判の名店や地元食材を使った手作り弁当を用意。信越自然郷の魅力を手軽に楽しもう! 信越自然郷の大自然を満喫できる全8コース。詳細はHPを参照。
  • 飯山駅観光案内所
  • 申込み・問い合わせ:信越自然郷ホームページまたは飯山駅観光案内所へ電話予約 予約URL https://shinetsu-shizenkyo.com/archives/761
  • 0269-62-7000
  • 善光寺びんずる市
  • 5月28日(土)、6月11日(土)・25日(土)
    各日10:00〜16:00 4〜6月は第2・4土曜の月2回開催
  • 城山公園・長野県立美術館3F 
  • クラフトやハンドメイド、旬の農産物、飲食テイクアウトなど「手づくり」をキーワードにブースが多数出店。
  • 善光寺びんずる市事務局(土日祝除く10:00〜17:00)
  • 026-219-2401
  • 長野市地域おこし協力隊 門前市
  • 5月29日(日)・6月26日(日) 10:00〜16:00
  • セントラルスクゥエア(長野市中央通り)
  • 長野市の地域おこし協力隊が、新たに開発した地域ブランドや、地域に伝わる特産品などを販売。
  • 日本一の門前町大縁日実行委員会(長野市文化芸術課)
  • 026-224-7504
  • 所蔵作品展「犀川沿岸の風景展〜四季のうつろい」
  • 1月29日(土)〜7月3日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 最終日は15:00まで、月曜休(祝日は開館、祝日の翌日休)
  • 信州新町美術館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(有島生馬記念館・化石博物館との共通券)  土曜は小中学生無料
  • 四季折々の犀川沿岸の風景を描くため、信州新町には大勢の画家が来訪した。久米路峡、琅鶴湖の風景も含む犀川沿岸の風景画 約50点を展示。
  • 信州新町美術館
  • 026-262-3500
  • 善光寺御開帳記念 善光寺さんと高村光雲展
  • 〜6月26日(日)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、
    水曜休館
  • 長野県立美術館 展示室1
  • 一般・大学生500円 高校生以下または18歳未満無料
  • 米原雲海とともに善光寺の仁王像を手がけた近代彫刻家・高村光雲。東京藝術大学による善光寺の仏像の保存修復に関わる研究を紹介する。
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • 北野美術館所蔵作品展「花鳥風月ー陽春から初夏へのはなやぎー」
  • 4月29日(金・祝)〜6月26日(日) 9:30〜17:00(最終入館16:30まで)、月曜休
  • 北野美術館本館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 【入館は予約制】一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 春から初夏にかけて美しく咲く花々や、自然風景、季節の行事や風物などを描いた日本画を中心に展観。
    ■当面、入館は予約制。来館前日の13:00までに電話または公式HPよりネット予約を
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • NAMコレクション展 II期
  • 5月19日(木)〜 7月19日(火)
    9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)、
    水曜休館
  • 長野県立美術館 コレクション展示室
  • 本館・東山魁夷館共通 一般700円 大学生及び75歳以上500円 高校生以下または18歳未満無料
  • 緑に満ち溢れた信州の風景や、清涼感が漂う水景からは夏の空気が漂ってくる。また善光寺御開帳に合わせ、菱田春草らによる仏教をモティーフとした日本画を特集。
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • 第55回 一陽会 長野展
  • 6月15日(水)〜6月19日(日) 9:00〜17:00(最終日は〜16:00まで)
  • 松本市美術館 市民ギャラリー(松本市中央4-2-22)
  • 入場無料
  • 全国組織の芸術団体「一陽会」の長野支部による55回目の芸術展。絵画、彫刻などおよそ20点の個性豊かな作品を披露する。
  • 一陽会
  • 090-9668-7037(峯村)
  • 信州新町化石博物館「信州新町周辺のクジラ化石」
  • 〜7月3日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、翌休)
  • 信州新町化石博物館
  • 大人500円 高校生300円 小中学生200円(信州新町美術館・有島生馬記念館との共通券) 土曜は小中学生無料
  • かつては海だった信州新町周辺から見つかったクジラの化石を展示。6月11日(土)・18日(土)はワークショップ「化石のクリーニングに挑戦」定員10名、事前に申込みを。
  • 信州新町化石博物館(美術館共有)
  • 026-262-3500
  • 長野市立博物館 特別展「御開帳 めくるめく ミル ミラレル ミセル」
  • 〜6月29日(水) 9:00〜16:30(入館は16:00まで) 月曜休(5/2は開館)
  • 長野市立博物館
  • 入館料 一般300円 高校生150円 小中学生100円 5/5と土曜は小中学生無料
  • 「見て楽しむ」文化に着目し、江戸時代以降に盛んになった様々な見世物・祭礼・博覧会を紹介。御開帳とのつながりを追う。
  • 長野市立博物館
  • 026-284-9011

イベントトップへ戻る