• あこがれのマイホーム。
    けれど、家を建てるには、まずお金が必要です。
    保障や安心もふくめて、しっかり考えてみませんか。
    ちょっと視点を変えることで、お金を上手に活かしましょう。

    • エムズFP事務所 代表 村松 郁夫
    • 経営コンサルタント協会経営研究所所長、ソニー生命保険(株)長野支社所長を経て独立。
      現在、エムズFP事務所代表FP。SBCラジオ「らじ☆カン」「Jのコラム」に出演中。

住宅ローンは夫婦の性格で選ぶべし

 家が欲しいと思ったとき、全額キャッシュで払える方はそういらっしゃらないと思います。そこで皆さん「住宅ローン」を借りるわけですが、まず悩むのが金利の選択です。変動金利にするのか、固定金利にするのか。固定金利の場合、今だと「フラット35」でだいたい2%くらいでしょうか。それに比べて変動金利だと、今はだいたい1%くらいです。例えば、2千5百万円を30年ローンで借りた場合、1%と2%では、総支払い額では360万くらいの差が出ます。銀行でシミュレーションを見せられると、月々の支払いも1万円くらい違うので、変動金利の方が得だと感じます。実際、金利さえ上がらなければ固定金利よりお得です。けれど金利がこの先どうなっていくのか、正解は誰にもわかりません。
 というわけで、正解は自分たちの性格で選ぶ、です。住宅ローンは長期返済ですから、安心・安全を考えると固定金利です。自分たちの将来に、不確定要素はできるだけ少ないほうがいい、というご夫婦は、360万で35年間の「変わらない」という精神的保障を受けていると考えましょう。

もしもの時のことしっかり考えましょう

 住宅ローンは、もしもの時のために団体信用生命保険(略して団信)への加入が求められます。
 団信は、住宅ローン専用の生命保険で、保険金の受取先は金融機関。例えば、夫婦共稼ぎ、子ども1人として、ご主人の名義で2千5百万円借りたとします。ご主人にもしものことがあった時、団信に加入していれば、2千5百万円は返さなくてよくなります。さらに奥さんには遺族年金で約12 万円が入ります。そして奥さん自身の収入はそのまま。ということは、ご主人にもしものことがあっても、経済的リスクは非常に低いということがわかります。
 逆に奥さんにもしものことがあった場合、どうでしょうか。奥さんの収入も合わせ、2人で返すつもりで2千5百万円借りたのに、あてにしていた奥さんの収入がなくなり、遺族年金もほぼありません。さらに2千5百万円のローンもなくならないのです。つまり、奥さんにもしものことがあった場合の経済的リスクは、非常に高いといえます。

自分たちのライフステージを把握

 子どもが大きくなると、教育費もますますかかります。いざというときのことをしっかりと考え、より高いリスクに対処していきましょう。
 そもそも今の時代、夫婦はパートナーです。仕事も子育ても家事も、2人で一緒に頑張ろうという方が多いのではないでしょうか。ご主人の「もしも」と同じように、奥さんの「もしも」にも保障が必要です。
 例えば、奥さんがもしものときに住宅ローン分を保障し、さらに月々12万円が入る保険があります。20代から30代前半くらいの方であれば、両方で6千円くらい。片方だけなら3千円くらいかと思います。月々6千円は掛け捨てですが、リスクの大きさを考えると安心です。

保障と貯蓄をあわせて考えても

 あるご夫婦は昨年暮れ、住宅の頭金として用意していたお金を、全額使わずに600万円一括払いでドル建の保険に入られました。奥さんが亡くなった場合には1千万円の保障(1ドル100円試算)。10年間、何事もなく元気であれば、1・2倍、つまり720万円の貯蓄になるという保険です(為替が同じと仮定した場合)。今はリスクへの保障、何もなければ10年後は子どもの教育費に当てられる。ライフステージとリスクのバランスを考えた、よい選択だったと喜んでいらっしゃいました。

さらにこんな考え方も

 家を建てる時、一般的には自己資金、いわゆる頭金を、2割くらいは用意しましょうというのが定説です。ただ、低金利の今、例えば1千万円を2%の金利で借りて10年間で返す場合、100万円以上の金利を払うことになります。逆に1千万円を2%の金利で10年間預けることができれば、200万円以上のプラスになるのです。つまり今の時代、住宅ローンを組むのであれば、頭金はできるだけ使わずにお金を借りて、貯めておいたお金を運用にまわす、ということも考えられるのです。
 これは、繰上げ返済や借り換えについても同じです。例えば手元に300万円あった場合、繰上げ返済するよりも運用にまわしたほうがお金は増える可能性が高い。今はマイナス金利で日本円では増えませんが、ドル建商品もたくさんあります。お金を働かせる、という視点をもつと、ローンや保険に対する考え方も変わってくるのです。
 いずれにしても、自分の人生を豊かにするために、お金をかしこく活かす方法を考えることが大切です。

(2017年4月号掲載)

「知らないと損するお金の話」無料セミナー開催
〈お問い合わせ・お申し込み/ エムズFP事務所〉

「マイナス金利」などと言われている時代、お金の置き場所を考えていますか。
エムズのセミナーでは保険、住宅ローン、投資や資産運用について90分で学べるセミナーを毎月開催しています。

  • 無料(完全予約制)
  • エムズFP事務所セミナールーム

ご予約はホームページ、facebookまたはお電話にて承ります。

  • エムズFP事務所
  • 〒381-0034 長野市高田1337ブルービル2F
  • 026-217-8118
  • 026-217-8111
  • http://www.msfp.biz/