• 春、何かを始めたくなる季節がやってきました。
    清泉女学院大学・清泉女学院短期大学が地域の方のために開催している
    生涯学習講座から、今月は古橋先生の講座をご紹介します。

    • 古橋昌尚先生
      清泉女学院大学
      人間学部心理コミュニケーション学科 教授
      英米文学修士、哲学修士、神学M.Div
      担当科目/人間学、生命の倫理、英米文学Ⅰ
    • 東京都出身。長野は自然豊かで子育てには非常に良い土地だと思います。妻も長野が大好き。第2の故郷である長野で、学生だけでなく地域の方とのふれあいの場が持てるのは、とても幸せなことだと感じています。
 私が清泉で教鞭をとるようになって20年。清泉の生涯学習講座は、その当時から地域に開かれた学びの場として、近隣の皆さんに親しまれてきました。
 私もこれまで何度も講座を開いていますが、あらゆる年代の方と楽しく交流することができ、とても良い刺激を受けています。

遠藤周作『沈黙』を通して見えてくるもの

 今年の1月に公開された映画「沈黙 サイレンス」は、遠藤周作が50年前に書いた小説が原作です。巨匠マーティン・スコセッシ監督は1988年に原作を読み、そこから28年の歳月をかけて映画化を果たしました。ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。
 今回の映画化は、私たち研究者の中でも注目されており、原作にかなり忠実であると高く評価されています。映像だからこそ表現できたこと、逆にその限界など、近年ようやく定まってきた小説『沈黙』の解釈についてご紹介しながら、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
 映画をご覧になった方も、そうでない方も、50年間、世界中で読み継がれている『沈黙』を通して、世界と人生を新たに見直してみませんか。

(2017年4月号掲載)

清泉女学院 生涯学習講座2017
〈お問い合わせ・お申し込み/ TEL026-295-1325〉

  • 清泉女学院大学・清泉女学院短期大学 地域連携センター
  • 〒381-0085 長野市上野2-120-8
  • 026-295-1325
  • http://www.seisen-jc.ac.jp/