長野市芸術館で開催の「加藤昌則のぶっとび! クラシック」は、加藤氏のトークと映像で
非常にわかりやすく解説していただけるので、ありがたいです。(ペンネーム/宮ちゃん)

クラシックの奥深い世界への“とびら”を開けてくれる、長野市芸術館オリジナル講座

加藤昌則さんは、2019年4月に長野市芸術館レジデント・プロデューサーに就任。作曲家・ピアニストとして活躍しながら、クラシックの公演・講座のプロデュースなど、音楽の魅力を伝えるプロでもある。その加藤さんが、毎回1人の作曲家に焦点をあてて語る80分の講座が「ぶっとび! クラシック」。映像やクイズ、時にはコント?も交えた楽しさに魅了され、ファン増加中! 1月に今シーズン最後の講座、2月に総まとめコンサートがあり、2020年度も9月より第3弾を予定。クラシック初心者も気軽に。
■加藤昌則のぶっとび! クラシック
…1月29日(水)18:30開演(約80分)、全席自由500円(高校生以下無料、要入場整理券)。今回のテーマは「ドビュッシーvsラヴェル」。
■ぶっとび!クラシック 室内楽コンサート
…2月29日(土)14:00開演、全席指定 一般3000円。ゲスト奏者を迎え、オーボエ&ファゴット&ピアノで、室内楽の面白さを紹介する。

講師の加藤昌則さん。NHK-FM「鍵盤のつばさ」の番組パーソナリティーもつとめる