掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

来年閉館してしまう「長野市少年科学センター」。どこか懐かしさもあり、
大人も楽しめるレトロな雰囲気がたまりません。閉館前にぜひ!(ペンネーム/うめぼし)

開館当時、夢中で遊んでいた子ども達が、今は保護者となって来館することも多い

令和4年3月31日の閉館が決まり、昭和60年の開館から36年の歴史にピリオドを打つ同館。自衛隊のヘリコプターや1990年代の自動車など4割ほどが開館以来変わらない設備で、メンテナンスを重ねて展示している。ここ数年は他施設の中古展示品を導入したり、工作教室やサイエンスショーを増やすなど、工夫と努力で子ども達を喜ばせてきた。大人になった今なら、子どもの頃は遊んでいただけの展示の意味や科学原理にハッとするかも。
■入館料/一般260円 高校生160円 小中学生50円 
※当日に限り再入館可能

あの頃と変わらず「にんじゃくん」が迎える

  • 長野市少年科学センター
  • 026-232-7383
  • 長野市上松2-4-5
  • 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
    ※1月2日・3日は10:00〜16:00(入館は15:30まで)
  • 月曜(祝日の場合は開館、翌日振替休)、年末年始
  • あり
  • https://www.nagano-kagaku.jp/