掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

ワイナリー de “いい天気”まつり

千曲市初のワイナリーとして話題の「イルフェボー」が、初めての自社イベントを開催。ソムリエ醸造家が「ワインを味わうコツ」を教えてくれる講座、お絵描きでオリジナルワインラベル作りなど、企画が盛りだくさん。地元の名店によるフードブースも充実。目玉は「みんなでじゃんけん大会(VS社長)」。親子で参加して、豪華景品を勝ち取ろう。初登場のオリジナルグッズや、前日4月22日発売の新商品も見逃せない。来場者にはプレゼントも。詳しくは、同社Webサイトで。
※感染症対策に協力を
※マスク着用、エコバッグ持参で来場を
  • 4月23日(日)10:00~16:00
  • (株)イルフェボー(千曲市八幡4030-1)
    ※千曲市役所駐車場(屋代駅発、千曲市役所経由の周回バスあり)、または「棚田駐車場」(千曲市八幡)を使用
  • 入場無料(各ブースでの商品購入などは別途実費)
  • (株)イルフェボー
  • 026-274-5656
  • https://il-faitbeau.com/

第25回 長野マラソン

写真提供:長野マラソン大会組織委員会事務局

善光寺門前から市街地を抜け、残雪の北アルプスを眺め、花咲く信濃路を1万人のランナーが走る。コース沿道で、一線級の実業団ランナーやゲストランナー、市民ランナーに、熱い声援をおくろう。当日はフィニッシュ地点の長野オリンピックスタジアムで「マラソンタウン」イベントを予定。
【同時開催】第19回長野車いすマラソン
  • 4月23日(日)8:20スタート
  • スタート/長野運動公園(長野市吉田) 
    フィニッシュ/長野オリンピックスタジアム(長野市篠ノ井東福寺)
  • 参加申込み終了
  • 長野マラソン大会組織委員会事務局
    (平日9:30~17:00 ※土日・祝日・12/29~1/3を除く)
  • 026-217-2490
  • https://www.naganomarathon.gr.jp/

こまのたけちゃんの あそぶあそび!

千曲市「更埴子ども劇場」に“こまのたけちゃん”が登場。コマやけん玉といった昔のおもちゃを組み込んだパフォーマンスを展開する。「全日本こま技選手権」で4連覇、4年連続で技の日本一に輝いたという腕前は必見。続くワークショップでは、たけちゃんの指導による実体験(貸し出しあり)。 少しだけ苦労しないとできない「むかし遊び」は子どもたちの「生きる力」を育む、とたけちゃんは語る。コマ・けん玉のほかに、まりつき・ベーゴマ・中国ゴマなど、レパートリーは幅広い、親子で楽しもう。
※チケットは事前購入にて(当日券のない会場あり)。詳しくは問合せを。

信州須坂 臥竜公園さくらまつり

写真提供 須坂市観光協会

「日本さくら名所100選」に選ばれ、竜ヶ池周辺で約160本、全体では約600本の桜が楽しめる臥竜公園。見頃にはライトアップされ、夜桜も楽しめる。また、桜とともに須坂の名所巡りを楽しむ「さくら巡りイベント(要事前申込み)」を実施。さらにインスタ、Twitterに「#須坂の桜」をつけて写真を投稿すると、抽選で須坂の特産品をプレゼントするキャンペーンも。
  • 4月1日(土)~23日(日)※夜桜のライトアップ予定/見頃期間中の18:00~22:00
  • 須坂市臥竜公園
  • 入場無料 有料駐車場(協力金)普通車700円
  • 須坂市観光協会
  • 026-215-2225
  • https://www.suzaka-kankokyokai.jp/

横山大観展~語る大観、語られる大観

   横山大観《無我》 1897年 水野美術館蔵

水野美術館開館20周年の記念展。明治から昭和にかけ日本画壇をけん引した巨匠・横山大観の、長野県内外で所蔵される初期から晩年の約70点の名品を展示。画家自身や他者によって語られた言葉にも注目して紹介する。会期中は横山大観《無我》を通期展示。
  • 4月8日(土)~5月28日(日)
    9:30~17:30(最終入館30分前) 月曜休
  • 水野美術館(長野市若里6-2-20)
  • 一般1200円 中高生700円 小学生400円
    土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://www.mizuno-museum.jp/

超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA

前原冬樹《『一刻』スルメに茶碗》(部分)2022年

全国5館で大好評を博した企画展の第3弾、長野県では初開催。眼を見張るような超絶技巧が施された明治工芸60点に加え、そのDNAを受け継ぎ、新たな領域に挑戦する現代作家17名の新作を中心に64点を紹介。一木をリアルに彫り出した前原冬樹による《「一刻」スルメに茶碗》など、驚きの作品が一堂に集結する。
  • 4月22日(土)~6月18日(日)
    9:00~17:00(入場16:30まで)、水曜(5/3は開館)
  • 長野県立美術館 展示室2 ・3
  • 一般1400円 大学生1200円 高校生以下又は18歳未満無料
    一般前売券1200円(4/21まで販売)
  • 長野県立美術館
  • 050-5542-8600(ハローダイヤル)
  • https://nagano.art.museum/

戸隠地質化石博物館 企画展「牧野富太郎博士と戸隠の植物」

ヒメアジサイ

この春からのNHK朝ドラ「らんまん」主人公のモデルで、「日本の植物学の父」といわれる植物学者・牧野富太郎。牧野博士が戸隠で発見し愛したヒメアジサイはじめ、前期は戸隠で採集された120年前の植物標本を、後期では戸隠で見られる動植物を中心に紹介。
  • 前期 ~6月25日(日)、 後期 7月8日(土)~8月27日(日)
    9:00~16:30(入館は16:00まで) 月曜休(祝日は開館、振替休あり)
  • 戸隠地質化石博物館 1F企画展示室
  • 一般200円 高校生100円 小中学生50円 土曜は小中学生無料
  • 戸隠地質化石博物館
  • 026-252-2228
  • http://www.tgk.janis.or.jp/~togakushi-museum/
  • 堤 剛 80歳記念チェロ・リサイタル
  • 4月23日(日) 開場13:15 14:00開演
  • 軽井沢大賀ホール
  • 全席指定 (SS席=SOLD OUT) S席5000円 A席(立見席)3000円  (当日券は500円増) 未就学児入場不可
  • 常に第一線で演奏を続ける、名実ともに日本を代表するチェリスト・堤 剛。プログラムは、ベートーヴェン、R.シュトラウス、プロコフィエフ、マルティヌーらのソナタや変奏曲に加え、現代日本を代表する作曲家・権代敦彦の新曲も予定。ピアノは河村尚子。
  • オフィス・マユ(平日9:30~17:30)
  • 026-226-1001
  • 竹前陽一 千曲川の情景写真展
  • 3月1日(水)~4月28日(金) 9:00~15:00 土日祝は休業
  • けんしんBANK戸倉支店 ロビー(千曲市戸倉1793-2)
  • 千曲市在住の自然写真家・竹前陽一氏が撮影した、千曲川の朝焼け、上山田文化会館時計塔と月などの写真を展示。
  • けんしんBANK戸倉支店 
  • 026-276-3366
  • 北野美術館コレクション「もっと楽しく!美術館展」
  • ~5月28日(日) 9:30~17:00(最終入館16:30まで) 月曜休
  • 北野美術館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 北野美術館オリジナル「はっけん! ワークシート」を参考に、様々な視点から鑑賞しよう。
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • 鎌倉俊文小品展
  • 3月7日(火)~ 4月29日(土・祝) 13:30~22:00日曜・月曜休
  • ジャズバーミュージシャン(長野市大字鶴賀権堂町1440)
  • 長野市在住・鎌倉俊文氏によるアクリル画展。店舗リニューアルした権堂のジャズバー「ミュージシャン」店内にて展示する。
  • ジャズバーミュージシャン
  • 026-234-2623
  • 山本 糾展 Tadasu Yamamoto
  • 4月1日(土)~ 5月6日(土) 13:00~17:00(日・月曜休み)
  • Gallery MAZEKOZE(長野市長門町1076-2)
  • 入場無料
  • 写真家の山本糾による写真展。モノクロの海原を切り取った「波動場9」など、壁一面のスケールが大きい作品が並ぶ。5/5(金・祝)15:00~、山本糾と小池マサヒサ(Gallery MAZEKOZE主宰・美術家)によるアーティストトークも行う。
  • Gallery MAZEKOZE
  • 090-6023-8946(小池)
  • 横山大観展~語る大観、語られる大観
  • ~5月28日(日) 9:30~17:30(最終入館30分前) 月曜休
  • 水野美術館(長野市若里6-2-20)
  • 一般1200円 中高生700円 小学生400円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館開館20周年の記念展。巨匠・横山大観の、長野県内外で所蔵される初期から晩年の約70点の名品を展示。会期中は横山大観《無我》を通期展示。
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • 窖窯焼成 川又啓一 令和5年 春の作陶展
  • 4月20日(木)~ 5月7日(日) 10:00~17:00
  • ギャラリー成就(上水内郡小川村瀬戸川1280)
  • 小川村に窯を持つ川又啓一による作陶展。3昼夜、72時間かけて 窯焼成した大皿、酒器、花入れ、壺など、自然釉や灰かぶりによる変化に富んだ200点を展示する。新調合による灰釉を施した普段使いの器も展示予定。
  • ギャラリー成就
  • 026-269-2152
  • 描くものと描かないものの境界線 若狭宣子 水彩画展 Exhibition of Watercolors
  • 4月20日(木)~ 5月14日(日) 9:30~16:30火曜休、5/2は休館
  • 小川村郷土歴史館
  • 「透明水彩の、風と水と呼吸を合わせるように描くところが好き」だという画家・若狭宣子(松本市出身・安曇野市在住)の水彩画展。透明水彩で描いた大きな絵(100号 112×162cm)約10数点を展示する。
  • 小川村郷土歴史館
  • 026-269-2270
  • こばやしひろえ絵本原画展『母と子』
  • 4月21日(金)~5月7日(日)会期中無休 9:30~17:00 (土日祝10:00~17:00) 最終日は閉館が早まる場合あり
  • ギャラリー82(長野市岡田178-13 八十二別館1F)
  • 入場無料
  • 松本市在住の絵本作家・こばやしひろえ氏による、絵本原画や絵画作品など約15点を展示。
  • 公益財団法人 八十二文化財団 ギャラリー82
  • 026-224-0511
  • 超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA
  • ~6月18日(日)
 9:00~17:00(入場16:30まで)、水曜休
  • 長野県立美術館 展示室2 ・3
  • 一般1400円 大学生1200円 高校生以下又は18歳未満無料
  • 驚きの超絶技巧が施された明治工芸60点に加え、そのDNAを受け継ぎ、新たな領域に挑戦する現代作家17名の新作を中心に64点を紹介。
  • 長野県立美術館
  • 050-5542-8600(ハローダイヤル)

イベントトップへ戻る