掲載内容は、状況により変更となる場合がございます。
必ず、事前に公式HP・SNS・お電話などでご確認のうえ、ご活用ください。

月の都 千曲 おばすて納涼祭り

※昨年の“ Bon dance”

夏といえば…お祭り! 浴衣! 盆踊り! 古きよき日本の夏が、月の都・千曲市“おばすて”に出現。やぐらを囲んで、ちょっとだけ早いBon danceを楽しもう。会場での浴衣レンタル・着付OK。こころ満ちる夏の思い出は、夜つくられる。
※サクラ精機(株)長野八幡工場(千曲市大字八幡1122-8)よりシャトルバス運行
※信州千曲観光局と共催。詳細は決まり次第、下記または同観光局サイトで発表。
  • 7月20日(土) 16:00~20:00 ※雨天決行(荒天中止)
  • 千曲市日本遺産センター前駐車場、レストラン「イル・ルーナ」店内ほか (千曲市大字八幡4993-1)、
    駐車場なし ※サクラ精機(株)長野八幡工場よりシャトルバス運行
  • 入場無料
  • 和かふぇ よろづや
  • 026-214-0039
  • https://m.facebook.com/wacafe.yorozuya

水野コレクション「絵になる音」

倉島重友《風》1998年

木村其樵《萬年報喜》からは鳥のさえずりが、菊池契月《歌舞図》は優雅な楽器の調べが、川合玉堂《清湍釣魚》は渓流の水音が…心を澄ませば聞こえてくるような、絵画の中の音色たち。画面から音を感じられる作品を通じて、「絵になる音」を楽しむ展覧会。
  • 6月8日(土) ~7月21日(日)9:30~17:30(最終入館17:00)、月曜休(7/15は開館、7/16は振替休)
  • 水野美術館(長野市若里6-2-20)
  • 一般1000円 中高生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • https://mizuno-museum.jp/

ダリ版画展―奇想のイメージ

シュルレアリスムを代表する画家、サルバドール・ダリ(1904-1989)。絵画制作にとどまらず、版画、彫刻、オブジェ、舞台芸術、宝石デザイン、広告デザイン、映画、文筆と、幅広い芸術分野で才能を発揮した。本展では1960年代~70年代に精力的に制作された版画を中心に、晩年までの作品約200点を展示。
  • 7月13日(土)~9月16日(月・祝)9:00~17:00(展示室入場16:30まで)、水曜休
  • 長野県立美術館 展示室1・2・3
  • 一般1400円 大学生1200円
    本館コレクション展および東山魁夷館との共通料金/一般1900円 75歳以上1700円 大学生1500円
    高校生以下又は18歳未満無料
    前売券/一般のみ1200円(~7/12まで販売)
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • https://nagano.art.museum/
  • 秘境秋山郷・カヤの平高原の旅(春・夏編) 
    カヤの平高原トレッキング
  • 【春の山野草】6月22日(土)・23日(日) 【夏の山野草】7月7日(日)・14日(日)、8月17日(土) 【秋の紅葉】9月16日(月)、10月12日(土)・19日(土) 8:20森宮野原駅発 17:35森宮野原駅着
  • 12000円 昼食弁当、入浴料、お土産付き
  • ☆カヤの平・北ドブ湿原にてトレッキング(約5km・3時間30分)を楽しむほか、馬曲温泉や岡本商店、道の駅ファームス木島平に立ち寄って入浴や買い物を満喫できる日帰りコース
  • 森宮交通株式会社
  • 0120-47-6300
  • 北野美術館所蔵作品展「草いきれ ー夏の絵ー」
  • ~8月18日(日) 9:30~17:00(最終入館16:30まで) 月曜休(7/15・8/12は開館、7/16(火)・8/13(火)は振替休)
  • 北野美術館(長野市若穂綿内7963-2)
  • 一般700円 大学・専門・高校生500円 中学生以下無料
  • 「草いきれ」とは、暑さで草むらの中が高温多湿になると、熱気や匂いを発する現象を意味する夏の季語。作品を通じて夏の風物を楽しみたい。季節の日本画ほか、国内外作家による洋画・彫刻・工芸・書跡など約90点の展示。
  • 北野美術館
  • 026-282-3450
  • 水野コレクション「絵になる音」
  • 6月8日(土) ~7月21日(日) 9:30~17:30(最終入館17:00)、月曜休(7/15は開館、7/16は振替休)
  • 水野美術館(長野市若里6-2-20)
  • 一般1000円 中高生600円 小学生300円 土曜は小中学生無料 着物で来館すると半額
  • 木村其樵《萬年報喜》、菊池契月《歌舞図》、川合玉堂《清湍釣魚》など、音を題材にした作品や、画面から音を感じられる作品を通じて、「絵になる音」を楽しむ展覧会。
  • 水野美術館
  • 026-229-6333
  • 猪瀬清四朗彫刻展―人体彫刻を追究した60年―
  • 6月15日(土)~9月23日(月・祝) 9:30~17:00(入館は16:30まで)月曜休、ただし7/15、8/12、9/16、9/23は開館、7/16、8/13、9/17、9/24は休館
  • 飯山市美術館(飯山市大字飯山1436-1)
  • 大人600円、小中学生400円
  • 飯山市静間出身の彫刻家・猪瀬清四朗(1937年~2023年)による人体彫刻展。時代に左右されない立体造形として、その美しさや完成度の高さが光る。初期から最晩年までの国展出品作品およそ50点を展示し、猪瀬が追究した人体彫刻の変遷を辿る。
  • 飯山市美術館
  • 0269-62-1501
  • 東山魁夷館コレクション展2024 第Ⅱ期
  • 6月20日(木)~9月3日(火) 9:00~17:00(展示室入場16:30まで)、水曜休
  • 長野県立美術館 東山魁夷館
  • 本館・東山魁夷館共通 一般700円 大学生及び75歳以上500円 高校生以下又は18歳未満無料
  • ドイツの町に取材した《窓》、《石の窓》、《静かな町》、連作「白い馬の見える風景」から夏の景色を思わせる《水辺の朝》、《草青む》など、ヨーロッパの風景に取材した作品を中心に展示。
  • 長野県立美術館
  • 026-232-0052
  • 越家山丸コレクション1  須坂製糸業と輪島漆器展
  • 6月23日(日)~11月24日(日) 9:00~17:00
  • 旧小田切家住宅(須坂市大字須坂423-1/春木町)※入館者には市営駐車場無料券進呈。旧越家住宅・旧小田切家住宅の無料駐車場も利用可
  • 入館料300円 高校生以下及び18歳未満・須坂市内在住70歳以上は無料
  • 須坂の製糸王・越家が所有する、明治、大正にかけて発展した製糸業にかかわる歴史資料の中でも、輪島漆器は幅広く残されている。来賓用の豪華な漆器から、質素で機能美あふれる日用使いの漆器までを展示し、漆器の産地・輪島と製糸業で繁栄した須坂の関わりを紐解く。6/23(日)14:00~監修の竹内順一氏(東京藝術大学名誉教授)のギャラリートークあり
  • 旧小田切家住宅
  • 026-246-2220
  • 沖縄県長野県交流協定記念展示 『琉球の歴史と伝統工芸』
  • 6月23日(日)~8月25日(日) 9:00~17:00
  • 旧小田切家住宅(須坂市大字須坂423-1/春木町)※入館者には市営駐車場無料券進呈。旧越家住宅・旧小田切家住宅の無料駐車場も利用可
  • 入館料300円 高校生以下及び18歳未満・須坂市内在住70歳以上は無料
  • 令和5年3月に締結された沖縄県長野県観光交流協定記念。琉球創作人形で琉球の歴史を、琉球びんがたで沖縄の伝統工芸を知ることのできる展示。展示作家は琉球びんがた染めの永吉順子、永吉剛大、沖縄琉球創作人形の座間味末子。
  • 旧小田切家住宅
  • 026-246-2220
  • 白馬マウンテンアート展
  • 7月4日(木)~7月28日(日) 9:30~16:30
  • 小川村郷土歴史館 ふるさとらんど小川(上水内郡小川村大字高府9307)
  • 入場無料
  • 白馬村のクラフトショップ「森の生活」から、大塚浩司さんによる鉛筆画展、あわせて、大塚岳さんによるシルバーアクセサリー展を同時開催。鉛筆1本で描いた北アルプスの山々、糸魚川翡翠のアクセサリーなどを展示販売する。
  • 小川村郷土歴史館 ふるさとらんど小川
  • 026-269-2270
  • プログラミング体験教室
  • 7月20日(土) 1回目10:00~11:30 / 2回目13:00~14:30
  • 権堂イーストプラザ市民交流センター 多目的スペース
  • 参加費900円、定員は各回5名(要予約/申込みは7月1日10:00~、電話または受付まで)
  • 参加対象は年長~小学生。スクラッチを使用した小学生向けの簡単なプログラミングに挑戦しよう。データを持ち帰りたい人はUSBメモリを持参のこと。
  • 権堂イーストプラザ市民交流センター 
  • 026-234-2906

イベントトップへ戻る